ギャンブルフォーラムの多くは、ギャンブラーがセラピーを依頼する場所にもなっているのは知っていましたか?メンタルヘルスの専門家がこれらのフォーラムに参加し、依存症に苦しむギャンブラーに対して、セラピーや診断を提供しています。悪いように言えば、助けを求めて絶望的になっているギャンブラーを見つけ、必要ではないかもしれない支援を与えて、お金を取ろうと潜んでいるのです。たいていの場合、そうした専門家たちはそれほど助けになりません。最も望ましいのは、実際に自らの力で依存症から回復したギャンブラーから支援を得ることでしょう。

そもそもの話ですが、ギャンブルは、やめ時さえ分かっていれば依存症ではありません。しかし、本当のギャンブルとは止め時を知らないことだ、というようなデマを流すギャンブラーが多いため、自制心を失って有り金全てを使い果たしてしまう人たちがいるのです。彼らは自分のしていることに目的を見出し、実際にスロットマシン、ルーレット、ポーカー、その他ギャンブルで生計を立てている人もいます。

こうした崖っぷちの生活を送るギャンブラーはやがて停滞期に入り、気づかないうちに全財産を使い果たします。その後、助けを求めはじめても、時すでに遅しなのです。自分が同じタイプのギャンブラーだと思ったら、今すぐ助けを求めましょう。ギャンブル依存症は、自身のライフスタイルだけでなく、家族、仕事、健康面に非常に深刻な影響を与える可能性がありますからね。

もしギャンブルは健康と関係ないと思っている方がいるなら、それは大間違いです。まず、ギャンブルは精神面で問題を引き起こすことがあり、その人を破滅に導く可能性まであります。次第に何が人生で大切なのかを忘れはじめ、ギャンブルに関係しないことには一切興味を示さなくなります。しかも、ギャンブル依存症によって起こる問題は、精神面だけではありません。

他に、ギャンブルがどのような問題を引き起こすかは、スロットマシンの前に1日5時間以上座っている人に聞いてみれば分かるでしょう。一日中スロットマシンの前に座って過ごす人はまず、背中と首に軽い痛みを感じ始めます。通常、姿勢の悪さから生じる痛みは、早めに治療を受けないと深刻化する傾向にあります。しかし実際のところ、30分以上ゲームをしながら、良い姿勢を保ち続けることはそれほど簡単ではありません。プロのギャンブラーなら、1日中スロットマシンの前に座っているわけですからね。一体どんな気分なのか、想像できるでしょうか?

また、ギャンブルは、心臓疾患の原因にもなり得るといわれています。サイコロの「4」が出るのを待っている間や、ボーナスを得ようとワイルドを待っている間などは、アドレナリンが大量に分泌されて長時間にわたって心臓の鼓動が速まり、非常に危険な状態になることがあります。その結果、不整脈を引き起こす可能性があるのです。

いかがでしたか?ギャンブラーが得るべき助けについて、よりご理解いただけたと思います。適切な助けがあれば、好きなだけギャンブルを楽しむことができるのです。月に5回以上カジノに行くという人は、重度のギャンブル依存症に陥っているかどうか判断してもらうため、医師やメンタルヘルスの専門家の診断を受けることが望ましいでしょう。診断の結果を見てから、カジノに再び行くかどうか決めればいいのです。残念なことに、カジノ運営側がこれを実施することはないと思うので、ご自身できちんと計画するようにしましょう。